JKギャルの(穴パン)ディルドオナニー開発秘話

×で広告を消してリンク先の動画をご覧ください。


穴パンディルド開発秘話

保健体育の成績が悪かったJKギャルが体育教官室へ呼ばれた。
「先生はまだいないけど、ここの男臭ってムラムラしてくる。」
どうしよう。
「トイレにいってる間に先生きたら怒られるかも…。」
でも我慢できなくなった女子校生は閃いた。
「よし、ここで速攻でオナニーすれば大丈夫♪」
「ふふ~ん♪いいこと思いついたw
パンツに穴開ければすぐ隠せるじゃんw」
「わたしって天才かもww」

JKギャルは穴パンディルドオナニーを開発したのであった。